注 文 し た い! o r d e r
■お花の発注に慣れてる方、リピートの方はLINEやメールがオススメ!
■初めての方、何から伝えたらいいか迷う方は注文フォームがオススメ!




本日より 3日後以降 のカレンダー空欄日にて受付が可能です。
例/月曜発注→木曜納品


シンプル仕様ならば急でも行ける時があります!
最終手段はセルフ花束でワイルドにキメる!


締め切り済みのタイミングでも、毎年ご依頼頂いている記念日などは、素早くご用意可能な「一種類の花で作るシンプルな花束!!」(実は結構素敵)で臨機応変に対応可能な場合もございます。まずはLINEにて
ご連絡ください。繁忙期など本当に難しい時もありますのでご理解頂けますと幸いです!大事な日こそお早めのご予約をお待ちしております。最終手段はセルフ花束!!大丈夫です。お花はそもそも農家さんが大切に育てあげてくれた完成品。そのまま裸でざっくり持って帰ってもきっと喜んでくれるはずです。※包装紙もご用意してます。

 
 
セルフ花束にトライを。
〔 当店隣の無人セルフ店をご利用ください。〕


「花束なんて作れないけど?」
 いえいえ大丈夫です なぜならお花は既に完成品

紙を一枚巻くだけで十分。 なんなら何も包まずそのままのお花でも 十分に気持ちが伝わるかも!
ちょっと不恰好な位でもきっと喜んでくれるはず 「頑張ってくれた感」が嬉しいから!
バランスやラッピングは 必ずしも必要ないかも 本質的に必なのは 気持ちデス!


 

 前日受け取りをご検討ください。

前日に受け取って1日保管することは問題有りません。
暑さ・凍結にご注意ください。
 



 無人セルフ店での受け取りをご検討ください。
 
カレンダー上で×になっている日の前日が空欄(受注可)になっている
場合は、前日のうちに無人店の予約花置き場に置いておく事ができます。
特に定休日である日曜日に好評頂いている方法です。

監視カメラの真下に置くため、万一紛失等の場合にもは原因調査後最速で対応致します。
(過去にトラブルは有りません。)

 




 宅急便での対応が可能です。
 締め切り日の前日、前々日が◎(空欄) の場合はご相談ください。
※ 道内東北 ▷ 前日発送※ 他 ▷ 前々日発送

 



 今回はお花以外を贈ってみては?

 オブラートの個人的なつながりのお店です。
お花を好む方が好む確率が結構結構高いと思われます。
もしよろしければご検討ください!小粋です。
ウェブサイトはコチラから。

 

※なにかしら「???」がある場合はコチラもご覧くださいませ。
 
 

 
  ※ 所 要 時 間 3 分 〜 10 分 くらい 
メニュー、送料、ご予算についての考え方などじっくり検討されたい方は下へお進みください!
 

お 品 書 き  menu     


送 料  postage     


■自社便の配達料

・函館市(西部地区/上湯の川地区を除く)▷配達料/税込550yen(お花代3,300円からお届け可)
・北斗市/七飯地区/上湯の川地区/西部地区 ▷配達料/税込880yen(お花代5,500円からお届け可)

お花代税抜き12,000円以上で自社便送料が全地区無料!
母の日/年末などの繁忙期は自社便不可のため市内も宅急便です。
(市内でも地方発送扱い)

※5/9以降は市内近郊自社便再開です! 

 ■地方発送の送料(宅急便)

・道内  税込1,320yen
・東北  税込1,650yen
・関東/中部/関西/中国 税込2,200yen
・四国/九州 税込2,750yen
・沖縄  税込3,300yen

 
 
 
  
※夏場は冷蔵550円プラスとなります。
※真冬でも発送可能ですが、
氷点下10度以下の地域は状況を見て相談させてください。

ご 予 算 の 考 え 方 How to decide your budget


 
花の相場 | フラワーショップ | 函館にある花屋 オブラート【oblaat】
 

お花の大きさは一概に価格がいくらで何センチ大という考え方ではありません。 

必ずしも高額予算=大きい花!とはなりません。


ご予算が高額であってもあえて濃密コンパクトにまとめることで独特のスタイリッシュ感が出せます。飾るスペースも取らず先方様への配慮にもなります。

参考写真は非常に高級なお花を使用したコンパクト系2万円クラスです。蘭やカラーなどの高級感のあるお花ををプラスすれば、マックス数万円くらいまで制作可能です。価格UPをしても大きさはほぼそのままです。

コンパクトながら圧倒的な高級感と素敵さを醸し出すことが出来るこのスタイルは、当店では非常に人気がありお勧めでございます。

 

 大きくしても気を遣われる感じにはならないのでご安心を!



ご予算が少なめの場合でも、季節の枝物などを使って効果的に大きく作る事は可能です。しかしながら密度が出ないためお値段相応の雰囲気にはなります。ドーピングができちゃう!という訳ではないので、大きめと言っても過度に立派な感じで届いてしまって先方様に気を遣わせるという事はありません。あくまでもお花のフォルム的な好み、飾る場所の特性によって都度ご相談ください。


 


ま と め

お花のデザインを大きくしても小さくても、キチンと価格なりの雰囲気が醸し出されます。相場を踏まえた上で、お花を贈る側と贈られる側の「双方の関係性に着目」して、ご検討いただければと思います。よくわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。皆様からの思いのこもったオーダーをいつも楽しみにお待ちしております! 


どんなお花を作っているの?はコチラ